収納豆知識


 

衣類などの布製品や形の柔らかいもの

  • かならずクリーニング・洗濯をしてから収納しましょう。
  • 防虫剤や乾燥材をいれましょう。
  • クリーニング後のビニールはかならず外しましょう。
  • 衣類ケースに入れる時は余裕をもって収納しましょう。

衣類などの布製品・形の柔らかいものなどの注意点はカビ・黄ばみ・シミ・かたくずれです。 収納できるスペースを有効に使おうとギチギチにケースに入れたい気持ちもわかりますが、 お客様の大切な衣類のために きれいに洗ってから、防虫剤や乾燥材を入れて、ゆったりかたくずれしないようにしまいましょう!


書籍・書類

  • 本はかならず縦置き。
  • もちろん乾燥材も入れましょう。
  • 長期保存する場合は時々虫干しをしましょう。

書籍や書類などの紙ものは湿気が多すぎても乾燥しすぎてもだめです。 また、日焼けも大敵です。そのため段ボールは日焼けにも強く、 湿気を適度に保ってくれるので有効に活用しましょう。 段ボールでの収納の場合、中がすぐに確認できないのでかならず 側面に何がはいっているかを記載しておきましょう。


皮革製品

  • カビに注意。
  • 乾燥に注意。
  • 日焼けに注意。

皮革製品ほどデリケートなものはございません。湿気が多いとすぐにカビてしまいます。 上記2つの項目同様に適温適湿暗所保管が原則です。 保管する場合は汚れをしっかりと落とし、保湿剤を薄く延ばしたのちに空拭きをして保存をします。 収納ケースに入れる場合は布などでくるんでおくと長期保存がしやすいです。


電化製品

  • ホコリに注意。
  • 燃料は必ず使い切ってから収納しましょう。
  • むき出しで収納はさけましょう。

電化製品はむき出しで収納をするとホコリが内部に入り込み、 いざ使おうとするときに発火の原因につながる危険がございます。 かならずビニール袋や箱に入れてから収納しましょう。 またストーブなどものは燃料が空になっていることを確認してから収納をしてください。